商品について

Qオンラインストアの在庫数は正しいですか?
Aオンラインストアの商品は、実店舗でも販売しているものになります。
タイミングによっては、ネットの更新が遅れ在庫が不足している場合もございますことをご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送料はいくらですか?
A地域によって配送料が違いますので、下の価格をご参照下さい。
また、ご購入金額が20,000円以上で送料が無料になります。

-都内-
60-100サイズ / 700円
120-140サイズ / 1300円
160-170サイズ / 1,720円

-関東-
60-100サイズ / 740円
120-140サイズ / 1360円
160-170サイズ / 1,760円

-東北・信越・北陸・東海-
60-100サイズ / 740円
120-140サイズ / 1360円
160-170サイズ / 1,760円

-近畿-
60-100サイズ / 830円
120-140サイズ / 1450円
160-17-サイズ / 1,845円

-中国・四国-
60-100サイズ / 940円
120-140サイズ / 1,540円
160-170サイズ / 1,940円

-九州-
60-100サイズ / 1,120円
120-140サイズ / 1,720円
160-170サイズ / 2,125円

-北海道-
60-100サイズ / 1,120円
120-140サイズ / 1,600円
160-170サイズ / 2,125円

-沖縄-
60-100サイズ / 1,200円
120-140サイズ / 1,860円
160-170サイズ / 2,390円
Q日時の指定はできますか?
A配達日や配達時間をご指定頂く場合は、購入手続きの際の備考欄にご記入下さい。
※配達日のご指定はご注文から5日以降とさせていただきます。
特にご指定が無い場合には、「最短日」でお届けできるよう手配いたします。

​ 配達時間は下記7種類からお選びいただけます。

午前中(8:00〜12:00)
12:00〜14:00
14:00〜16:00
16:00〜18:00
18:00〜20:00
20:00〜21:00

返品・交換について

Q不良品や注文商品と異なる商品が届いた場合はどうなりますか?
A商品の品質には万全の注意を払っておりますが、万が一に下記のような事故が生じた場合、返品・交換のご対応をさせていただきます。
・商品が破損/汚損していた場合
・ご注文と異なる商品が届けられた場合
以上のような理由により、返品・交換をご希望の場合は、商品到着後7日以内に下記までご連絡願います。

​ 株式会社 TRUNK WORKS
店舗名 : Found & Made(ファウンド アンド メイド)
〒186-0001 東京都国立市北1-8-39  
TEL/FAX: 042 505 9517
Mail: info@foundandmade.jp

その際は恐れ入りますが商品はお届け時の梱包状態で保存いただきますようお願いします。
送料はこちらで負担させて頂きます。
ただし、完売などにより交換できない場合は商品代金ならびに送料の返金とさせて頂きます。
なお、銀行振込にて決済されたお客様に関しましては手数料も返金させて頂きます。
Q不良品や誤送以外の返品、交換はできますか?
A誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による返品・交換は基本的にはお受けしていません。
但し、理由によってはお受する場合もありますので、ご相談ください。
お客さま都合による返品、交換の際の送料はお客様負担とさせて頂きますのでご了承ください。

また以下のような場合の返品・交換はお受けできませんので予めご了承ください。

・商品到着後7日以上経過した商品
・お客様が開封、ご使用になった商品
・お客様が商品の箱やタグ、説明書などの付属品を汚損・破損・紛失された場合

​ <ご購入の際の注意点>
当店で販売する商品には海外からの輸入商品、ビンテージ、ハンドメイド商品がございます。
商品の性質上1点1点雰囲気の異なる商品や、個体差や品質のばらつきがございますのでご理解の上お買い求め下さい。
・ビンテージの商品に関しては、小さなキズ、汚れなどが見られますが 不良品ではありません。
・目立つキズや汚れはできるだけ商品説明に記載いたしますが、それ以外にも小さなキズ、汚れがある場合がございます。
  古いものだからこその風合いとしてお楽しみください。
・作家さんの作品はひとつひとつ手づくりのため、色合い、風合い、サイズなどが多少違います。予めご了承ください。

​ これらを理由とする返品・交換もお受けできませんのであらかじめご了承ください。

2016/02/01 09:00

前回少しお話した、スウェーデンの学校の話をしたいと思います。


私が行ったスウェーデンのサマースクールは、スウェーデンの中部にある伝統が残っているダーラナ地方のレークサンドというところで、首都のストックホルムから、長距離列車に揺られながら2〜3時間くらいの距離でした。
ダーラナ地方に近づくにつれて、車窓の風景がどんどん絵に描いたようなスウェーデンの景色に変わっていきました。

夏の北欧は最高にいい季節で、抜けるような青い空と、森の緑と、ファールンレッドと言われる伝統的な赤い家がとても美しい風景を作り出していました。
学校で知り合ったスウェーデンの人が教えてくれたのですが、この赤い家は、木々に囲まれた夏でも、雪に覆われた冬でも遠くから分かりやすく見えるからだそうです。確かに、スウェーデンは自然に多く囲まれた土地だし、家から遠く離れてしまうと、自分の家がどこにあるのか分からなくなりそうですよね。
特にその方は、赤い家でも玄関の扉が青いのが一番伝統的で好きだとおっしゃっていました。
ちょうど私の行った学校も青い扉のレッドハウスでしたので、ご紹介します。

素敵ですね〜北欧らしい青!って感じがします!
このダーラナ地方には、このレッドハウスが多く、スウェーデンにきたんだな〜と実感できる土地でした。
また大きな湖も沢山あって、そまわりをぐるっと赤い家が囲んでる景色がまたとても美しかったです。
授業のあとで、みんなで湖に泳ぎにいったりしたのですが、これがスウェーデンの過ごし方よ!と教えていただきました。
確かに湖に行ってみると、仕事帰りのお父さんがお子さんを連れて泳ぎに来ていたり、なんて充実した過ごし方なんだろう!と羨ましく思いました。

本当にみなさん夏を満喫されているようで、授業の途中10時と15時にスウェーデンの伝統でもあるFIKA(フィーカ)、お茶の時間には必ずみんなで外に出ておしゃべりをしていました。なぜなら夏がとても短く、冬の時間がとても長いので、夏を大事にしているんだそう。
なので、みんなで窓辺から夕日が沈むのをホウ〜とため息を漏らしながら見たりしていました。
夏の北欧は白夜で日が沈むのが夜の11時くらいなんですが、冬はいつ沈んだのかも分からないくらい薄暗い日々が続くので、きっと夕日も大事な夏の風物詩なんですね。
日本は梅雨があったとしても、年中雨と曇りの日以外は太陽がサンサンとしているので、太陽のありがたみを忘れていました。

次回は、授業などについてお話できればと思います。

Found&Made
サノ